atlas

Saturn Series / Hybrid Stereo Power Amplifier ATLAS

FEATURE製品の特長

エステティクスのプリアンプCalypsoはもちろん、すべてのプリアンプの性能をフルに引き出すハイブリッドパワーアンプの登場です。インプットステージに真空管、アウトプットステージにトランジスタを使用し、それをチョークインプットトランスを用いた安定感抜群のEIコアの電源トランスで確実にドライブ。エステティクスの設計理念である、電源部の充実、信号経路の短縮化、高品質パーツの採用、機械的構造の強化などを忠実に追求した渾身のパワーアンプです。


回路部

■フルバランス・ゼロフィードバック回路を採用。インプットステージに6SN7の真空管を使用し、アウトプットステージにはバイポーラ型のトランジスタを用いたハイブリッド方式で、両者の優れた点を引き出すことに成功しています。インプットステージの真空管が高調波の質感や音色を損なわずに扱うことができるのに対し、アウトプットステージのバイポーラ型トランジスタは低歪率で低インピーダンスのスピーカーを確実にコントロールします。


■入力切替、ミュートなどの各コントロール回路は、マイクロプロセッサーによって制御されています。このプロセッサー回路は操作時のみ動作し、通常は回路自体が全く動作しないため、再生音に影響をあたえる心配は皆無です。


電源部

■重量が20kgにもなる電源部には真空管用に1つ、トランジスタ用に2つの全部で3つのチョークインプットトランスを贅沢に使用。電源の安定度を飛躍的に高め、電源部の寿命を延ばすことに貢献しています。

■電源トランスは音質重視の観点からEIコアを採用しており、それらをステンレスカバーに密閉させることにより、電源部に起因するノイズ成分をオーディオ回路に寄せつけません。


その他の特徴

■スタンバイモードを搭載。スタンバイモードでは真空管以外のすべてのソリッドステート回路は動作しています。そのため、電源を入れた瞬間から常に良い音質で楽しむことができます。また真空管の寿命を延ばします。

■異常発熱、DCオフセット、ヒューズ切れなどの情報をフロントディスプレイで表示します。

■筐体は美しいヘアーライン仕上げのシャーシとサイドパネルからなる合理的な構造。強固な筐体を実現しています。


SPECIFICATIONスペック

入力 シングルエンド(RCA)×1またはバランス(XLR)×1
出力 200W(8Ω)、400W(4Ω)
入力インピーダンス 530kΩ
再生周波数 +/-0.1dB、20Hz~20kHz
最大消費電力 800W
最大外形寸法 455(W)×460(D)×191(H)mm
重量 33kg

PAGE TOP