c1mono

「1」Series / Monaural Digital/Analog Controller C1 Mono

FEATURE製品の特長

C1 monoはオリジナルのC1のテクノロジーを活用しつつ、左右チャンネルのアナログ処理セクションとデジタルプロセッシングセクションを完全にセパレートにした3筐体構成です。
それぞれの筐体はパワーサプライを備え、各セクションを独立してドライブすることで音楽再生をネクストレベルに押し上げます。また、それぞれの筐体にはオプションの外部電源X1を接続可能。「1」シリーズ究極のD/Aコンバータ/コントローラーを実現することができます。
また、C1 mono の入力はオリジナルのC1と全く同じモジュール方式となっており、共通のプラットフォームを共有しています。そのため、オリジナルのC1からC1 monoへのアップグレードが可能です。オプションボードもすべて共通です。


Processing
・特許技術のCH-HiDシンクロナスデータオーバーサンプリングプロセッシング
・DSD信号はDSDストリームに含まれる高調波ノイズを除去するため、PCM 705.6 kHzに変換
・24bit以下のオーディオ信号に対するレゾリューションエンハンス

Timing & Clocking
・専用のパワーサプライで駆動される超低ジッターVCXO電圧制御水晶発振器
・10MHzのような高いクロック周波数を直接入力したり、他機器にクロック信号を送ることのできるクロックインターフェースボード(オプション)

Digital to Analog Conversion
・1チャンネルあたり4つのR-2Rコンバーター
・フルデュアルモノ完全バランス回路
・ローノイズと最高のチャンネルセパレーションに貢献するディスクリートリニアパワーサプライ ・D/Aチップの個体差をDSPで取り除く画期的なD/Aチップキャリブレーション機能搭載

Volume Control
・0.5dBステップでコントロールが可能な32bit超高解像度ハイブリッド・デジタル・アナログ・ボリュームコントロール

Analog Stage
・超A級、完全バランス設計
・フルディスクリート、超低ノイズ、高スルーレート設計
・バランスXLR、シングルエンドRCAとBNCを備えたアナログ出力

Power Supply
・各筐体にウルトラローノイズのリニアパワーサプライを装備
・各筐体にオプションの外部電源X1の接続が可能 ・磁気および静電気からシールドされたトロイダルトランス


SPECIFICATIONスペック

デジタルオーディオ入力(C1.d)  
AES EBU, S/PDIF, Toslink PCM up to 192kHz/24bit,
  DSD over PCM (DoP) up to 2.8224MHz/1bit
CH Link PCM up to 768kHz/32bit, native DSD up to 5.6448MHz/1bit
デュアルモノアナログオーディオ出力(C1.m)  
Total Harmonic Distortion + Noise Less than 0.001%
S / N Better than 120dB
Maximum Level 2.7V RMS on RCA & BNC connectors, 5.4V RMS on XLR connector
ディスプレイ 480 x 272 pixels 24bits RGB AMOLED
電源部 Selectable 100V, 115V or 230V AC, 47Hz to 63Hz, < 1W in Standby
寸法(1筐体) 440mm x 440mm x 133mm
重量(1筐体) 24kg
コントロール・ソフトウェアアップデート USB port for software update / Ethernet based system control

PAGE TOP