reference_cable

Accessories Reference RCA Link RCA Interconnect cable
Reference XLR Link XLR Interconnect cable
Reference Speaker Link Speaker cable

FEATURE製品の特長

CH Precision の理念であり野心でもある、嘘偽りのない、純粋無垢なミュージカリティの追及。この理念を念頭に、世界で広く評価されているハイエンドケーブルメーカーのArgento Audio とパートナーシップを結び、フラッグシップケーブルのReference シリーズを開発いたしました。 最先端の技術とノウハウを生かし、外観、音、全てにおいて磨き上げられた至高の逸品です。 Reference Link ケーブルはCH Precision 製品の性能を最大限引き出す、 CH Precision 製品のためだけに考え抜かれた、究極のケーブルなのです。


Reference Balanced Link / Reference RCA Link

スイス製高精度CNCマシーンで設計されたアルミ製コネクタはCH Precision専用の完全オリジナル。コネクタはノンレゾナンス設計とし、有害な振動を完全に排除しています。接点は導体と全く同一の素材を用い、また導体との接合にはハンダを一切使用せず、超高圧圧着技術を採用。限りなく小さいインピーダンス値としました。コネクタ部分の絶縁には繊維を織り込んだ特殊コンポジットを採用。また、純銀のピンは中空とし、表皮効果による信号のロスを低減させています。ハウジングは高精度アルミニウム製とし、さらに導体の張力を軽減する独自の機構を搭載することで、ストレスのない信号の伝達に最大限配慮しています。
電気的な絶縁と機械的なダンピングを行うことができる誘電体の採用により、全帯域においてバランスのとれた綿密なサウンドの再生を可能としました。


Reference Speaker Link

コネクタ接点、導線、ハンダ接合部、すべての導体を統一。形状と結晶構造にこだわりぬいた導体を使用し、綿密に長さを合わせた極細導線を撚り合わせた構造とすることで、演奏者の周囲の空気までをも再現することを可能にしています。
電気的側面(銀線の数、形状、ケーブルの撚り)および機械的側面(減衰効果のある銀線の間の綿繊維)を徹底的に分析し、アンプとラウドスピーカー間の最適な経路を提供。圧倒的な低容量により、電気エネルギーがケーブルに蓄積されてシステムに流れるのを防止するだけではなく、高域の帯域幅拡張と低音の土台に明快さをもたらします。フラットタイプのSpeaker Linkは+と-が完全に独立。優れたユーザビリティを持つだけではなく、音楽の立体感や左右のセパレーションに大きな効果を発揮します。


Reference Clock Link

Reference Clock Link ケーブルは形状と結晶構造にこだわりぬいた99.997%の純銀導体を採用し、綿密に長さを合わせた極細導線を撚り合わせた構造としています。銀線の数、形状、ケーブルの撚りといった電気的側面、減衰効果のある銀線の間のファイバーの採用といった機械的側面からケーブルの設計を徹底的に分析。
硬質な樹脂ではなく、柔軟性の高いファイバーで導体を被膜するため、振動の減衰効果を発揮します。また、中心導体とファイバーがほぼ非接触の状態であるため、非常に低い誘電率と低静電容量を示します。
コネクターは中空構造の銀製のピンとすることで、導体とシームレスな信号経路を実現。クロック入出力の接続に最適な75ΩBNC同軸ケーブルです。

PAGE TOP