reference_diamond

DIAMONDシリーズ Reference Diamond

FEATURE製品の特長

最も重いゲージの中心導体であるリファレンスダイヤモンドは、他のダイアモンドシリーズケーブルと同じカプトン絶縁体、シールド、テフロンに覆われた強固なシルバー=ゴールドの導電体をベースにしています。
マイクロディストーション、抵抗、機械的エネルギー損失が非常に低く、時間と位相の情報、音楽の細部の表現、空間分解能に大変優れています。


DIAMONDシリーズ共通のテクノロジー「シルバー=ゴールド導体」
クリスタルケーブル社の特筆すべきテクノロジーは、徹底した研究成果に由来します。純銀といわれる 99.9999 % の銀にはごくわずかな汚染と酸化銀が含まれているため、マイクロディストーションが音楽信号に乗り、信号の劣化を生じてしまうことを発見しました。
信号の純粋さを維持した信号経路を実現するため、Crystal Cable社は高度な冶金技術を開発し、独自のシルバー=ゴールド合金を開発することに成功。一般的な純銀ケーブルは結晶構造間に不純物を含む空隙があり、歪みやノイズを発生してしまいますが、このシルバー=ゴールド合金は空隙を接触抵抗の少ない純金で補完するという特殊な構造をとっており、信号の損失を一切排除した世界最小レベルの超低歪み特性を獲得しています。
また、絶縁体にカプトンテープを採用することで、絶縁体の体積を最小限に抑えるとともに、高い絶縁効果は広い温度範囲及び、周波数範囲においてほとんど変わりません。さらに、薄いテフロンスリーブと組み合わせることで、スリムでエレガントで、かつ高い音楽性を実現しています。


splitter端子タイプの交換を可能にする独自の「スプリッター構造」
クリスタルケーブルのスピーカーケーブルには独自の「スプリッター構造」を採用。端子タイプをバナナプラグおよび Yラグ、 バイワイヤー接続用の四端子にそれぞれ交換できるシステマチックな機能を備えています。
オーディオ機器や接続方法の変更に合わせて、ケーブル本体を買い換えることなく、端子タイプを簡単に交換することができます。

交換用スプリッター端子
- シングルワイヤ端子(Yラグまたはバナナ)
- バイワイヤ端子(Yラグまたはバナナ)


Reference Diamond ケーブルラインナップ

■インターコネクトケーブル / CrystalConnect Reference Diamond

■フォノケーブル / CrystalConnect Reference Diamond Phono

■スピーカーケーブル / CrystalSpaek Reference Diamond

■パワーケーブル / CrystalPower Reference Diamond

PAGE TOP